toggle

ホリスティック医学とは

ホリスティックの語源はギリシャ語のHolos 全体の 全部の 完全な』からきており

Holistic 全体 繋がり バランス 包括的 全人的』というような意味です。他にもHolos(ホロス)を語源とした言葉は

Health 健康』

Holy 聖なる』

Heal 癒える』

Whole 全体』

つまり、健康はもともとホリスティックで聖なるものでスピリチュアルと通じるものなのです。


人間を最後まで分解していくと

【人間→臓器→組織→細胞→分子→原子→素粒子】

となり、更に大きい視点から見ていくと

【宇宙→地球→自然環境→国家→社会集団→家族→人間→臓器→組織→細胞→分子→原子→素粒子】となります。

ホリスティック医学の考えは

「病気ではないから健康だ」「検査結果が正常値範囲内だから健康だ」という事ではなく「健康や病気、障害のあるなしに関わらず、どんな状態・状況でもその意味を受け止め、イキイキと生きていける状態が本質的な健康だと考え

【宇宙→地球→自然環境→国家→社会集団→家族→人間→臓器→組織→細胞→分子→原子→素粒子】

と、広い視点から見ていきます。

もともと、シャーマニズム(医学、心理学、精神世界が一つとなった人類最古の人間の智慧を集大成した自然学・人間学)が元となっており『Body(体) Mind(心) spirit(魂)』これらを丸ごとケアし、自然治癒力に重きをおき、自分で治していく現代医療(西洋医学)の代替療法であり、現代医学を反対するものではありません。治療行為でもありません。

ホリスティックケアの一部ですが、下記のような療法があります。私はピンクの文字のものを深く学びました。

ヨガ瞑想、自然療法、アーユルヴェーダ、アロマテラピー、太極拳、気功、音楽療法、音叉、アレクサンダーテクニーク、キネシオロジー、心理療法、漢方、薬膳、瀉血しゃけつ、温熱療法、ストーンセラピー、自然食マクロビオティック、レイキ、スピリチュアルヒーリング、催眠療法、カイロプラティック、リフレクソロジー、タイ式マッサージ、アクセスバーズ、祈りetc…

現在の日本は、手術やケミカルなお薬で【悪いところ=臓器→組織→細胞】を局所的に修理する、西洋医学の治療が主流です。現代の西洋医学は、研究や技術が進み素晴らしい進歩を遂げていると思います。しかし意外かもしれませんが世界で見ると西洋医学メインで治療しているのは全体の30%という数字が出ています。

オランダの知人の話ですが、まずは医師のアシスタントと電話でカウンセリングし、アドバイスをもらう。大したことがなければ電話で終わり、病院までなかなか辿り着けないとのこと。熱が出ても薬は出ない。寝てなさいと言われ、本当に困ったときだけ薬がやっともらえるシステムだそうで、なかなか病気ができないなと感じていて国自体が予防医学に力を入れているそうです。

次に、アメリカに住む友人の話です。アメリカは保険がないので救急車を呼ぶのに30万以上かかるので、日本みたいに気軽に救急車を呼べず、緊急時でもまずお財布と相談するそうです。なので病気を予防する意識がとても高いそうです。

近年、日本でもホリスティック医療や統合医療(現代医療と代替医療を合わせたもの)を掲げている医療施設が増え続けており、予防医学に関心がある方が増えています。

食事、気、感情、思考、口癖、潜在意識、姿勢、呼吸、睡眠、休息、自然の癒しが私たちの健康を支えていて、薬は一番最後に補うものと考えます。特別なことをするわけではなく、習慣が病気を作り出しています

つまり普段から自分を大切にしてあげることで病気の予防になるのです